CSVダウンロードのデータを1000件で絞り込む

  • 時間タイプ
  • Proプラン
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

CSVダウンロードをする場合、対象データが1000件以上あるときは、一括してダウンロードすることができません。
出力するデータ件数が1000件以下になるように、抽出条件を調整しながらダウンロードしてください。

予約データを抽出する

管理画面『予約管理>予約の確認>予約一覧』などから、予約データが重複しないように絞り込む方法です。

予約日で絞り込む

「予約一覧検索」から予約日の期間を指定して検索します。その際に、日付が重複しないように日付を指定します。
例:2月15日~3月14日 で検索。次は、3月15日~4月14日 で検索。

手続日で絞り込む

「予約一覧検索」から手続日の期間を指定して検索します。その際に、日付が重複しないように日付を指定します。
例:2月15日~3月14日 で検索。次は、3月15日~4月14日 で検索。

予約番号で絞り込む

「予約一覧検索」から予約番号を指定して検索します。その際に、予約番号が重複しないように指定します。
例:10001~11000 で検索。次は、 11001~12000 で検索。

顧客一覧を抽出する

管理画面『顧客管理>顧客情報>顧客一覧』から、顧客データが重複しないように絞り込む方法です。

顧客番号で絞り込む

「顧客検索」にある「+詳細検索」ボタンをクリック。詳細検索にある「顧客番号」を指定して検索します。その際に、顧客番号が重複しないように指定します。
例:10001~11000 で検索。次は、 11001~12000 で検索

登録日で絞り込む

「顧客検索」にある「+詳細検索」ボタンをクリック。詳細検索にある「登録日」を指定して検索します。その際に、日付が重複しないように日付を指定します。
例:2月15日~3月14日 で検索。次は、3月15日~4月14日 で検索。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。