既存HPへシステム組込

  • 時間タイプ
  • 既存HPへシステム組込
  • Proプラン
  • Liteプラン
  • Miniプラン
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

ユーザーサイトの表示形式を設定します。
ヘッダのある「ホームページモード」、メインカラムだけを表示する「カレンダーモード」から選択します。

表示形式

ホームページモード

通常のホームページとして表示します。ヘッダ/フッタのあるユーザーサイトになります。

予約カレンダーをトップページに表示することもできます。『基本管理 > サイト情報 > 表示設定』の「表示設定」より、トップページを”表示しない”に設定します。
予約カレンダーをトップページに表示した場合、カレンダー上部に画像表示もできます。『基本管理 > サイト情報 > 表示設定』の「TOP画像」に登録した画像が表示されます。

カレンダーモード(既存ホームページへ組込む)

ヘッダ/フッタが削除されたメインカラムだけで表示する場合は"カレンダーモード"にします。
運営中のホームページにタグを埋め込むとインラインフレームで予約サイトを表示できます。

既存ホームページへ組込む手順(インラインフレーム)

1) 予約システムに出力された「既存ホームページにこのタグを埋め込んでください」にあるインラインフレーム用のタグをコピーします。
2) 組込み先のホームページのFTP環境とHTMLファイルを用意します。表示したいページのHTMLファイルの表示箇所にコピーしたタグを貼り付けます。
3) ファイルを保存し既存ホームページのFTP環境へアップします。

インラインフレーム推奨最小サイズ:幅790pixel以上(会議室タイプのみ)

1ページ内に埋め込むフレームは1つにしてください。

ブラウザのcookieについて

ブラウザのcookieが無効になっていると正常に予約操作が完了しないことがあります。cookieをONにするようメッセージが表示されますので、その場合は、以下をご参考にcookieの設定をしてください。

Internet Explorerの場合

ブラウザメニューから「ツール」→「インターネットオプション」を選択し、「プライバシー」タブをクリック。→「詳細設定」ボタンをクリック。「自動Cookie処理を上書きする」にチェックをいれ、「ファーストパーティのCookie」の「受け入れる」にチェックを入れます。

Google Chromeの場合

ブラウザのツールバーの Chrome メニュー をクリック→[設定] →[詳細設定を表示] をクリックします。[プライバシー] セクションで、[コンテンツの設定] をクリックします。ローカルへのデータ設定を許可するを選択してください。

Firefoxの場合

Firefox ボタン をクリック→オプション→プライバシーパネルを選択します。
"記憶させる履歴を詳細設定する" に設定し、"サイトから送られてきたCookieを保存する""サードバーティのCookieも保存する"にチェックを入れてください。

iPhone、iPadの場合

ホーム画面から「設定」-「Safari」を選択し、画面をスクロールして、[Cookieを受け入れる] または[Cookieの受け入れ]をタップし、[常に]を選択してください。

Android端末の場合

ブラウザの[Menu]→([その他]→)[設定]→[Cookieを受け入れる]に設定してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。