満席になったらキャンセル待ちを受付けたい

  • 時間タイプ
  • オプション
  • Proプラン
  • スクールタイプ
  • イベントタイプ

予約枠が満席になったらキャンセル待ちのリクエストを受け付けたい場合には、オプション機能の「キャンセル待ち機能」をご利用ください。

予約メニューが定員に達すると、キャンセル待ちとしてメールアドレスの登録ができるようになります。 該当メニューにキャンセルが発生すると、キャンセル待ちリストへ空席発生の通知メールが一斉配信されます。通知を受け取ったお客様が予約するには、予約画面から予約を手続きをしていただく必要があります。

「キャンセル待ち機能」はキャンセル発生を一斉に通知する仕様となります。自動で先着順に予約に繰り上げることはできません。

詳しくはChoiceRESERVEサポート お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設定方法(キャンセル待ち機能)

STEP1 自動配信メールを編集する

キャンセル待ちに関する自動配信メールの内容を登録します。
管理画面『基本設定>メール情報>自動配信メール』の「キャンセル待ち登録受付メール」「キャンセル待ち通知メール」から編集します。

STEP2 キャンセル待ち機能を有効にする

キャンセル待ちの受付を開始します。
管理画面『基本設定>店舗設定>予約受付設定』の「キャンセル待ち機能」を「使用する」にします。 

予約サイトからキャンセル待ちを登録する際に、同じ予約内容に重複したメールアドレスでは登録できません。
ただし、キャンセル待ち通知メールが送信されると、再度、同じメールアドレスでキャンセル待ちが登録できます。

STEP3 キャンセル待ちリストを把握する

キャンセル待ちが入ると管理アドレスへ通知メールが配信され、管理画面『予約管理>予約の確認>キャンセル待ち一覧』に情報が溜まります。

なお、管理画面からはキャンセル待ちの登録をすることができません。予約サイトから登録してください。

管理画面から予約変更の手続きをして予約枠が空いた場合には、キャンセル待ち通知は配信されません。

「キャンセル待ち機能」と「予約回数制限機能」を同時に使用している場合、顧客が予約回数制限の上限まで予約している時にはキャンセル待ち登録を行うことはできません。ただし、ログアウト状態であればキャンセル待ちの登録が可能になります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。