予約受付設定

  • 時間タイプ
  • 予約受付設定
  • Proプラン
  • Liteプラン
  • Miniプラン
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

ご利用中のタイプを選択してください。

時間タイプ

ユーザーサイトとして受付ける予約の条件を設定します。

受付設定

店舗の営業曜日

営業曜日を設定します。営業する曜日にチェックを入れます。チェックのない曜日は定休日となります。

『予約を公開する > 予約設定 >予約公開設定』から予約公開の設定を行う時、定休日として設定されますが、設定後、任意での変更も可能です。

店舗の営業時間

営業時間を設定します。「通常」に主な営業時間を入力します。
曜日ごとで変動がある場合は、該当する曜日のみ時間を入力します。
"休憩時間"には、"営業時間"内に予約を受付けない時間帯がある場合のみ入力します。

予約受付期間

ユーザーサイトから予約ができる予約受付日を設定します。利用形態に合わせて、2つの方法から選択します。

「予約時間」に対して設定

メインメニューの開始時間を起点に、予約を受付ける期間を設定します。

「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時まで予約を受付けるかを設定します。

区切り時間

予約を受付ける時間枠の最小単位です。サブメニューの所要時間を設定する際の時間単位を設定します。

ユーザーサイトでは、区切り時間を基準に予約カレンダーのタイムスケジュールが表示されます。

予約受付後の区切り時間変更は、予約時間に影響しない場合のみ可能です。

キャンセル受付

ユーザーサイトからユーザーによるキャンセルを許可する設定をします。
「許可する」場合は、キャンセルが可能な期限を2つの方法から選択します。

「予約時間」に対して設定
メインメニューの開始時間を起点に、キャンセルを予約を受付ける期間を設定します。

「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時までキャンセルを受付けるかを設定します。

ゲスト予約でもユーザーからのキャンセル手続きを可能にする場合は「ゲストも許可する」にチェックを入れます。

「ゲストも許可する」場合は、予約完了ページ/予約受付メールにキャンセル手続きのURLと認証キーが表示されます。

「キャンセル受付」の設定内容にかかわらず、管理者側では『予約管理>予約の確認>予約一覧』または『予約管理カレンダー』より常にキャンセル手続きができます。

キャンセル待ち機能オプション

予約提供数が満席になった場合にキャンセル待ちを受付けます。
キャンセル待ちの希望者のメールアドレスを取得し、その時間帯にキャンセルが発生したら「キャンセル待ち通知メール 」を自動配信します。

「キャンセル待ち通知メール 」は空席が発生したことをお知らせするだけで、予約を確定するものではありません。

重複予約

同一ログインIDの重複予約を防ぎます。「許可しない」を選択すると、 顧客が予約している時間帯に少しでも重なる時間では予約できなくなります。

団体予約PROのみ

同一時間、同一メインメニューを利用する場合、一回の予約申込みで複数件の予約受付けを可能にします。
「管理側のみ許可する」を選択すると、ユーザーサイトからの予約は1件ずつですが、管理画面からの予約登録は複数件で登録できるようになります。

団体予約時の単位名PROのみ

団体予約時の単位名を入力します。

カレンダーの予約残数の表示

残数を入力するとその残数以下になったとき、「残りわずか」ボタンになります。
"予約残数を表示する"にチェックを入れるとカレンダー上に残数が表示されます。

予約完了の手続きできるタイミング

予約時間が経過した予約は『予約管理>予約の確認>予約一覧 』から完了手続きをすることで、予約履歴となります。
完了手続きが可能になるタイミングを任意で設定します。
設定したタイミングになると、予約一覧の「完了」にチェックボックスが表示され手続きが可能になります。

予約メニュー設定

カテゴリ

メインメニューをカテゴリ別に表示できます。

"使用する"とき、「必ずカテゴリ名を選択する」にチェックを入れると、カテゴリに結びついた予約受付が可能になります。

メインメニュー選択

ユーザーサイトから予約をするとき、メインメニューの選択を省略できます。

"省略する"場合は、公開中のメインメニューが1件のみとなるようにします。「管理画面のみ表示」のメニューは公開となっていても省略の設定をすることができます。

サブメニュー選択

ユーザーサイトから予約をするとき、サブメニューの選択を省略できます。

"省略する"場合は、公開中のサブメニューが1件のみとなるようにします。「管理画面のみ表示」のメニューは公開となっていても省略の設定をすることができます。

オプション選択PROのみ

予約メニューにオプション選択を追加できます。
メインメニューかサブメニュー、どちらのメニューに対応するオプションとするか設定します。

料金計算

料金の計算方法を設定します。
加算方式
各メニューを足し算します
乗算方式
サブメニューに料金率を設定し、メインメニューの料金単価に掛け算し算出します。オプションは足し算で加算されます。

乗算方式の場合、メインメニューとサブメニューの計算の際、1円未満の端数を、切り捨て/切り上げ/四捨五入 から選択します。

価格表示

金額表示に単位の円とともに表示するテキストです。税込 / 税抜 など価格表示ができます。

データ管理

予約履歴の削除

一定期間の予約を削除できないようにします。従量課金発生時に対象の予約数が確認できます。

予約履歴から予約削除しても従量課金のカウントは変動しません。



会議室タイプ

受付ける予約の条件を設定します。

受付設定

店舗 の営業曜日

営業曜日を設定します。営業する曜日にチェックを入れます。チェックのない曜日は定休日となります。

『予約を公開する > 予約設定 > 予約公開設定』から予約公開の設定を行う時、定休日として設定されますが、設定後、任意での変更も可能です。

店舗 の営業時間

予約を受付けるベースとなる営業時間を設定します。この時間の中で予約受付が可能になります。「通常」に主な営業時間を入力します。
曜日ごとで変動がある場合は、該当する曜日のみ時間を入力します。
"休憩時間"には、"営業時間"内に予約を受付けない時間帯がある場合のみ入力します。

予約受付期間

ユーザーサイトから予約できる期限を設定します。利用形態に合わせて、2つの方法から選択します。

・「予約時間」に対して設定
メインメニューの開始時間を起点に、予約を受付ける期間を設定します。

・「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時まで予約を受付けるかを設定します。

区切り時間

予約を受付ける時間枠の最小単位です。サブメニューの所要時間を設定する際の時間単位を設定します。

ユーザー予約カレンダーでは、区切り時間を基準に予約カレンダーのタイムスケジュールが表示されます。

予約受付後の区切り時間変更は、予約時間に影響しない場合のみ可能です。

キャンセル受付

ユーザーサイトからユーザーによるキャンセルを許可する設定をします。
キャンセルを許可する場合は、キャンセルが可能な期限を2つの方法から選択し、"キャンセル詳細を表示"からユーザーサイトに表示する注意事項を入力します。

・「予約時間」に対して設定
予約の開始時間を起点に、キャンセルを予約を受付ける期間を設定します。

・「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時までキャンセルを受付けるかを設定します。

ゲスト予約でもユーザーからのキャンセル手続きを可能にする場合は「ゲストも許可する」にチェックを入れます。

「ゲストも許可する」場合は、予約完了ページ/予約受付メールにキャンセル手続きのURLと認証キーが表示されます。

「キャンセル受付」の設定内容にかかわらず、管理者側では『予約管理 > 予約の確認 > 予約一覧』または『予約管理カレンダー』より常にキャンセル手続きができます。

重複予約

顧客が同じ日の同じ時間帯に複数の予約をすることを防ぎます。
「許可しない」を選択した場合、すでに予約がある 顧客が予約中の時間帯に少しでも重なる時間への予約登録をできなくします。

予約の重複は、ログインIDが同じ顧客で判定します。

予約完了の手続きできるタイミング

予約時間が経過した予約は『予約管理>予約の確認>予約一覧 』から完了手続きをすることで、予約履歴となります。
完了手続きが可能になるタイミングを任意で設定します。
設定したタイミングになると、予約一覧の「完了」にチェックボックスが表示され手続きが可能になります。

予約メニュー設定

カテゴリ

メインメニューをカテゴリ別に表示できます。

"使用する"とき、「必ずカテゴリ名を選択する」にチェックを入れると、カテゴリに結びついた予約受付が可能になります。

オプション選択PROのみ

予約メニューにオプション選択を追加できます。
メインメニューかサブメニュー、どちらのメニューに対応するオプションとするか設定します。

料金設定

価格表示

金額表示に単位の円とともに表示するテキストです。税込 / 税抜 など価格表示ができます。

データ管理

予約履歴の削除

一定期間の予約を削除できないようにします。従量課金発生時に対象の予約数が確認できます。

予約履歴から予約削除しても従量課金のカウントは変動しません。

スクールタイプ

ユーザーサイトとして受付ける予約の条件を設定します。

受付設定

カレンダー表示時間

PCのユーザー予約カレンダーを「日」「週」表示したときの表示時間帯になります。

営業時間を設定します。スケジュールカレンダーの表示時間帯になります。

営業時間を超えた時間割は、カレンダーに表示されませんが、一覧表示の場合のみ表示されます。

予約受付期間

利用形態に合わせて、2つの方法から選択します。

「予約時間」に対して設定
メインメニューの開始時間を起点に、予約を受付ける期間を設定します。

「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時まで予約を受付けるかを設定します。

キャンセル受付

ユーザーサイトからユーザーによるキャンセルを許可する設定をします。

ゲスト予約でもキャンセル手続きを可能にする場合は「ゲストも許可する」にチェックを入れます。

ゲスト予約でキャンセルする場合は、予約完了ページ/予約受付メールにキャンセル手続きのURLと認証キーが表示されます。

「許可する」場合は、キャンセルが可能な期限を2つの方法から選択します

・「予約時間」に対して設定
メインメニューの開始時間を起点に、キャンセルを予約を受付ける期間を設定します。

・「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時までキャンセルを受付けるかを設定します。

ゲスト予約でもユーザーからのキャンセル手続きを可能にする場合は「ゲストも許可する」にチェックを入れます。

「ゲストも許可する」場合は、予約完了ページ/予約受付メールにキャンセル手続きのURLと認証キーが表示されます。

「キャンセル受付」の設定内容にかかわらず、管理者側では『予約管理>予約の確認>予約一覧』または『予約管理カレンダー』より常にキャンセル手続きができます。

重複予約

同一ログインIDの重複予約を防ぎます。「許可しない」を選択すると、 顧客が予約している時間帯に少しでも重なる時間では予約できなくなります。

団体予約

同一時間、同一メインメニューを利用する場合、一回の予約申込みで複数件の予約受付けを可能にします。
「管理側のみ許可する」を選択すると、ユーザーサイトからの予約は1件ずつですが、管理画面からの予約登録は複数件で登録できるようになります。

団体予約時の単位名

団体予約時の単位名を入力します。

カレンダーの予約残数の表示

残数を入力するとその残数以下になったとき、「残りわずか」ボタンになります。
"予約残数を表示する"にチェックを入れるとカレンダー上に残数が表示されます。

時間割表示

予約受付ができない期間のスケジュールも表示する場合は”予約受付期間外を表示する ”にチェックを入れます。

予約受付期間外のスケジュールは、予約受付中のスケジュールより薄い色で表示されます。

予約完了の手続きできるタイミング

予約時間が経過した予約は『予約管理>予約の確認>予約一覧 』から完了手続きをすることで、予約履歴となります。
完了手続きが可能になるタイミングを任意で設定します。
設定したタイミングになると、予約一覧の「完了」にチェックボックスが表示され手続きが可能になります。

予約メニュー設定

カテゴリ

メインメニューをカテゴリ別に表示できます。

料金設定

価格表示

金額表示に単位の円とともに表示するテキストです。税込 / 税抜 など価格表示ができます。

データ管理

予約履歴の削除

一定期間の予約を削除できないようにします。従量課金発生時に対象の予約数が確認できます。

予約履歴から予約削除しても従量課金のカウントは変動しません。

受付ける予約の条件を設定します。

受付設定

予約受付期間

ユーザーサイトから予約できる期限を設定します。利用形態に合わせて、2つの方法から選択します。

・「予約時間」に対して設定
メインメニューの開始時間を起点に、予約を受付ける期間を設定します。

・「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時まで予約を受付けるかを設定します。

キャンセル受付

ユーザーサイトからユーザーによるキャンセルを許可する設定をします。
キャンセルを許可する場合は、キャンセルが可能な期限を2つの方法から選択し、"キャンセル詳細を表示"からユーザーサイトに表示する注意事項を入力します。

・「予約時間」に対して設定
予約の開始時間を起点に、キャンセルを予約を受付ける期間を設定します。

・「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時までキャンセルを受付けるかを設定します。

ゲスト予約でもユーザーからのキャンセル手続きを可能にする場合は「ゲストも許可する」にチェックを入れます。

「ゲストも許可する」場合は、予約完了ページ/予約受付メールにキャンセル手続きのURLと認証キーが表示されます。

「キャンセル受付」の設定内容にかかわらず、管理者側では『予約管理 > 予約の確認 > 予約一覧』より常にキャンセル手続きができます。

重複予約

顧客が同じ日の同じ時間帯に複数の予約をすることを防ぎます。
「許可しない」を選択した場合、すでに予約がある 顧客が予約中の時間帯に少しでも重なる時間への予約登録をできなくします。

予約の重複は、ログインIDが同じ顧客で判定します。

団体予約 Proのみ

同一メインメニューを利用する場合、一回の予約申込みで複数件の予約受付けを可能にします。
「管理側のみ許可する」を選択すると、ユーザーサイトからの予約は1件ずつですが、管理画面からの予約登録は複数件で登録できるようになります。

団体予約時の単位名 PROのみ

団体予約時の単位名を入力します。

カレンダーの予約残数の表示

残数を入力するとその残数以下になったとき、「残りわずか」ボタンになります。
"予約残数を表示する"にチェックを入れるとカレンダー上に残数が表示されます。

予約完了の手続きできるタイミング

予約時間が経過した予約は『予約管理>予約の確認>予約一覧 』から完了手続きをすることで、予約履歴となります。
完了手続きが可能になるタイミングを任意で設定します。
設定したタイミングになると、予約一覧の「完了」にチェックボックスが表示され手続きが可能になります。

予約システム設定

カテゴリ

メインメニューをカテゴリ別に表示できます。

"使用する"とき、「必ずカテゴリ名を選択する」にチェックを入れると、カテゴリに結びついた予約受付が可能になります。

料金設定

価格表示

金額表示に単位の円とともに表示するテキストです。税込 / 税抜 など価格表示ができます。

データ管理

予約履歴の削除

一定期間の予約を削除できないようにします。従量課金発生時に対象の予約数が確認できます。

予約履歴から予約削除しても従量課金のカウントは変動しません。

イベントタイプ

受付ける予約の条件を設定します。

受付設定

予約受付期間

ユーザーサイトから予約できる期限を設定します。利用形態に合わせて、2つの方法から選択します。

・「予約時間」に対して設定
メインメニューの開始時間を起点に、予約を受付ける期間を設定します。

・「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時まで予約を受付けるかを設定します。

キャンセル受付

ユーザーサイトからユーザーによるキャンセルを許可する設定をします。
キャンセルを許可する場合は、キャンセルが可能な期限を2つの方法から選択し、"キャンセル詳細を表示"からユーザーサイトに表示する注意事項を入力します。

・「予約時間」に対して設定
予約の開始時間を起点に、キャンセルを予約を受付ける期間を設定します。

・「予約日」に対して設定
予約日を起点に、何日前の何時までキャンセルを受付けるかを設定します。

ゲスト予約でもユーザーからのキャンセル手続きを可能にする場合は「ゲストも許可する」にチェックを入れます。

「ゲストも許可する」場合は、予約完了ページ/予約受付メールにキャンセル手続きのURLと認証キーが表示されます。

「キャンセル受付」の設定内容にかかわらず、管理者側では『予約管理 > 予約の確認 > 予約一覧』より常にキャンセル手続きができます。

重複予約

顧客が同じ日の同じ時間帯に複数の予約をすることを防ぎます。
「許可しない」を選択した場合、すでに予約がある 顧客が予約中の時間帯に少しでも重なる時間への予約登録をできなくします。

予約の重複は、ログインIDが同じ顧客で判定します。

団体予約 Proのみ

同一メインメニューを利用する場合、一回の予約申込みで複数件の予約受付けを可能にします。
「管理側のみ許可する」を選択すると、ユーザーサイトからの予約は1件ずつですが、管理画面からの予約登録は複数件で登録できるようになります。

団体予約時の単位名 PROのみ

団体予約時の単位名を入力します。

カレンダーの予約残数の表示

残数を入力するとその残数以下になったとき、「残りわずか」ボタンになります。
"予約残数を表示する"にチェックを入れるとカレンダー上に残数が表示されます。

予約完了の手続きできるタイミング

予約時間が経過した予約は『予約管理>予約の確認>予約一覧 』から完了手続きをすることで、予約履歴となります。
完了手続きが可能になるタイミングを任意で設定します。
設定したタイミングになると、予約一覧の「完了」にチェックボックスが表示され手続きが可能になります。

予約システム設定

カテゴリ

メインメニューをカテゴリ別に表示できます。

"使用する"とき、「必ずカテゴリ名を選択する」にチェックを入れると、カテゴリに結びついた予約受付が可能になります。

料金設定

価格表示

金額表示に単位の円とともに表示するテキストです。税込 / 税抜 など価格表示ができます。

データ管理

予約履歴の削除

一定期間の予約を削除できないようにします。従量課金発生時に対象の予約数が確認できます。

予約履歴から予約削除しても従量課金のカウントは変動しません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。