顧客登録に架空のメールアドレスを使いたい

  • 時間タイプ
  • 顧客の設定と管理
  • Proプラン
  • Liteプラン
  • Miniプラン
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

顧客登録のメールアドレスは入力必須としているが、運営上、管理画面から顧客登録する場合はダミーのメールアドレスを使う場合は下記を参考にしてください。

実在しないメールアドレスの登録はご遠慮ください

顧客のメールアドレスは『予約受付メール』や『直前お知らせメール』、『メルマガ配信』時の送信先として利用します。ここに実在しない架空のメールアドレスが登録されていると以下のようなリスクの発生が想定されます。

・ 仮のつもりで指定したメールアドレスが実在し、個人情報が流出してしまう
・ メール配信などに時間がかかってしまう
・ エラーメールが大量に発生する

これらのリスクを避けるためにも、顧客の『メールアドレス』の項目には正しいメールアドレスの登録をお願いいたします。

仮メールアドレスの登録が必要な場合は?

運用上、仮のメールアドレスを登録せざるを得ない場合があると思います (“顧客属性の設定でメールアドレスを必須にしている”場合、“なんらかの理由で一時的に仮のメールアドレスを登録したい”場合など)。そのようなケースには、弊社でご用意した『専用仮メールアドレス』をご利用ください。『専用仮メールアドレス』で登録すれば実際の送信は行われず、 配信時の問題が発生しづらくなります。

『専用仮メールアドレス』を利用する

【専用仮メールアドレス】
dummy-xxx@sys.resv.jp
※ xxx 部分は自由に変更できます。顧客ごとに任意の英数字を指定します。
  文字数は1文字~10文字以内。文字種は半角の英数字で、大文字小文字は問いません。記号は使用しないでください。  

Gmailアドレスを利用する

Gmailではひとつのメールアドレスで使い分けができるような仕組み(エイリアス機能)が用意されています。ご自分のユーザー名の後ろに「+」を付け、任意の文字列を付け加えたメールアドレスを使用することができます。
例えば自分のメールアドレスが「username@gmail.com」だった場合、「username+任意の文字列 @gmail.com」のようなメールアドレスを作成できます。
あくまで元になっているメールアドレスの別名ですので、これらのメールアドレス宛てに送信された メールは全て「username@gmail.com」に届きます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。