予約履歴から「予約一覧へ戻す」ことができない原因について

  • 時間タイプ
  • 予約の受付と管理
  • Proプラン
  • Liteプラン
  • Miniプラン
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

ご利用中のタイプを選択してください。

時間タイプ

予約完了やキャンセルを間違えた場合は、履歴データを予約一覧へ戻す(再予約)することができます。
管理画面『予約管理>予約の確認>予約履歴』の予約詳細から「予約一覧へ戻す」ボタンを使って履歴データを予約データに戻す場合、予約できない状態になっているとこの処理は行うことができません。

再予約できない場合は、下記のような原因が考えられます。


予約枠がない すでに他の予約が入っている。空き枠がない。残数が足りない
その顧客の予約が他に入っている 顧客の重複予約を”許可しない”設定の場合。その顧客が他にも予約している

「重複予約」の設定は管理画面『基本設定>店舗設定>予約受付設定』の「重複予約」で確認できます。

店舗の営業時間が予約できない状態になっている ・ 営業時間外になっている
・ 休憩時間になっている
メインメニューが予約できない状態になっている ・ 非公開になっている
・ 休日になっている
・ 営業時間外になっている
・ 休憩時間になっている
サブメニューが予約できない状態になっている メインメニューと対応メニューに設定されていない

会議室タイプ

予約完了やキャンセルを間違えた場合は、履歴データを予約一覧へ戻す(再予約)することができます。
管理画面『予約管理>予約の確認>予約履歴』の予約詳細から「予約一覧へ戻す」ボタンを使って履歴データを予約データに戻す場合、予約できない状態になっているとこの処理は行うことができません。

再予約できない場合は、下記のような原因が考えられます。


予約枠がない すでに他の予約が入っている。空き枠がない。残数が足りない
その顧客の予約が他に入っている 顧客の重複予約を”許可しない”設定の場合。その顧客が他にも予約している

「重複予約」の設定は管理画面『基本設定>店舗設定>予約受付設定』の「重複予約」で確認できます。

店舗の営業時間が予約できない状態になっている ・ 営業時間外になっている
・ 休憩時間になっている
メインメニューが予約できない状態になっている ・ 非公開になっている
・ 休日になっている
・ 営業時間外になっている
・ 休憩時間になっている
サブメニューが予約できない状態になっている メインメニューと対応メニューに設定されていない

スクールタイプ

管理画面『予約管理>予約の確認>予約履歴』の予約詳細から「予約一覧へ戻す」ボタンを使って履歴データを予約データに戻す場合、予約できない状態になっているとこの処理は行うことができません。
予約できない理由には、下記のような原因が考えられます。


予約枠がない すでに他の予約が入っている。空き枠がない。残数が足りない
その顧客の予約が他に入っている 顧客の重複予約を”許可しない”設定の場合。その顧客が他にも予約している

「重複予約」の設定は管理画面『基本設定>店舗設定>予約受付設定』の「重複予約」で確認できます。

メインメニューが予約できない状態になっている ・ 非公開になっている
・ 休日になっている
・ 営業時間外になっている
・ 休憩時間になっている
休日になっている 管理画面『時間割管理>時間割>休日カレンダー』で休日に設定されている
時間割が公開されていない 管理画面『時間割管理>時間割>時間割設定[登録状況]』で予約日の月が非公開になっている

イベントタイプ

管理画面『予約管理>予約の確認>予約履歴』の予約詳細から「予約一覧へ戻す」ボタンを使って履歴データを予約データに戻す場合、予約できない状態になっているとこの処理は行うことができません。
予約できない理由には、下記のような原因が考えられます。


メインメニューが予約できない状態になっている非公開になっている
予約枠がない すでに他の予約が入っている。空き枠がない。残数が足りない
その顧客の予約が他に入っている 顧客の重複予約を”許可しない”設定の場合。その顧客が他にも予約している

「重複予約」の設定は管理画面『基本設定>店舗設定>予約受付設定』の「重複予約」で確認できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。