お客様が予約できるメニューを制限したい

  • 時間タイプ
  • オプション
  • Proプラン
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

会員ステータスによって利用できるレッスンを限定したり、社員の属性(勤務地、性別、年齢など)によって申し込めるメニューをあらかじめ絞り込みたい場合には、オプション機能の「限定メインメニュー」をご利用ください。

お客様ごとに表示メインメニューを限定するので、本来は利用できないメニューに間違って予約してしまうミスをなくします。運営側では、予約者と選択した予約メニューの整合性チェックなどの管理コストも削減できます。

詳しくはChoiceRESERVEサポート お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設定方法(限定メインメニュー)

顧客が利用できるメインメニューを限定する場合、表示されるメニューは顧客情報と紐づきますのでログイン後にメニュー選択するフローをお勧めします。
ユーザーサイトの利用制限は、管理画面『基本設定>顧客データ>顧客設定』の「利用制限」で設定できます。

STEP1 利用を制限するメインメニューを設定する

管理画面『基本設定>予約メニュー作成>メインメニュー編集』の「利用制限」から、このメインメニューを予約できる対象を設定します。

STEP2 「限定した顧客のみ」のメインメニューを顧客と紐づける

管理画面『顧客管理>顧客情報>顧客一覧』から、顧客ごとに利用できるメインメニューの設定を行います。
複数の顧客に対して、利用できるメインメニューを一括して登録 / 解除する場合には、『顧客管理>顧客情報>利用メニューの一括設定[顧客選択]』から設定できます。

管理画面から予約する場合は、顧客と限定メインメニューの紐づかない場合でも予約することが可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。