基本情報を登録する

  • 時間タイプ
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

予約システムを利用するにあたり、最初に設定するべき項目です。STEPは全部で4つです。

※管理画面、各呼称は上記のようになります。

STEP1 店舗情報を登録する

[ 操作 ] 上段メニュー「基本設定」をクリック >>  左メニュー「店舗設定」欄の「店舗情報」をクリック

① 「店舗名」を入力します。
登録された情報は、予約システムから配信されるメールの送信者名(差出人名)にもなります。

STEP2 メール設定をする

[ 操作 ] 上段メニュー「基本設定」をクリック >>  左メニュー「メール情報」欄の「メール設定」をクリック

② 「管理アドレス1」にメールアドレスを登録します。
  このメールアドレスには、ユーザーサイトから予約を受け付けた時に管理者に通知を送信されます。
③ 「お問い合せメール」にメールアドレスを登録します。
  ユーザーサイトから問い合せが入ると、その内容が送信されます。
  お問い合わせフォームを使用しない場合は未設定でも大丈夫です。
④ 「メール挿入用署名」を登録します。
  予約システムから自動配信されるメール(予約完了メール等)に自動挿入される「署名」となります。

メール送信先の管理アドレスの種類について、くわしくはこちらもご覧ください。

STEP3 予約者情報の入力項目を設定する

[ 操作 ] 上段メニュー「基本設定」をクリック >>  左メニュー「顧客データ」欄の「顧客属性管理」をクリック

予約者情報の入力フォームを設定します。この項目は、顧客登録の入力フォームも同じものとなります。
⑤ 入力条件や注釈などを設定します。
  入力条件は「必須」「自由入力」「管理画面のみ表示」の3種類から選択できます。
⑥ 項目の表示順序が変更できます。

STEP4 メールのテンプレートを作成する

[ 操作 ] 上段メニュー「基本設定」をクリック >>  左メニュー「メール情報」欄の「自動配信メール」をクリック

自動配信するメールの文章テンプレートを作成します。
⑦ 配信タイミング毎にテンプレートを編集することができます。
⑧ 自動配信メールの配信するタイミングを「配信設定」から調整できます。

メールテンプレートを編集する

自動配信メールのテンプレート編集から案内文(文章ヘッダ/文章フッタ)を入力できます。
また、メールに表示する予約情報、顧客情報の項目や順番を調整できます。これらは、ユーザー向け/管理者向けのそれぞれに設定が可能です。
⑨ 予約情報の表示を設定します。
⑩ 顧客情報としてメールに表示したい項目を選択できます。
⑪ 「顧客属性順に並び替え」ボタンをクリックすると、STEP3で調整した顧客情報の表示順と同じになります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。