お客様が予約できる回数を制限したい

  • 時間タイプ
  • オプション
  • Proプラン
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

顧客が予約できる回数を制限したい場合には、オプション機能の「予約回数制限」をご利用ください。

月間の利用回数の制限や、受講チケットや回数券の管理が行えます。また、過剰に予約されることを防ぐ運用も可能です。
予約回数は顧客IDで制限します。回数の上限は全ての会員で統一、もしくは、会員ごとに設定する方法から選択できます。

詳しくはChoiceRESERVEサポート お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設定方法(予約回数制限)

管理画面『基本設定>店舗設定>予約受付設定』の「予約回数制限」から機能の設定を行います。

予約回数を顧客ごとに指定した場合、設定後に会員登録された顧客には初期値の回数が付与されます。しかし、登録済みの顧客の予約回数は「0回」となります。
既存の顧客に対して回数を調整する場合は、管理画面『顧客管理>顧客情報>顧客編集』、もしくは、顧客一括アップロードから設定してください。

キャンセル待ち機能」と「予約回数制限機能」を同時に使用している場合、顧客が予約回数制限の上限まで予約しているとキャンセル待ち登録を行うことはできません。ただし、ログアウト状態であればキャンセル待ちの登録が可能になります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。