複数の店舗に予約システムを導入したい

  • 時間タイプ
  • オプション
  • Proプラン
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

いくつかの方法があります。運営方法やどの範囲まで情報共有を認めるか、など最適な管理をふまえて検討してください。

店舗ごとにアカウントを契約する場合

初期費用と月額費用は、導入した店舗(アカウント)ごとに発生します。
顧客データベースや予約データベースはそれぞれ独立するので、他店舗の予約状況や顧客情報は共有されません。

チェーン展開やフランチャイズ本部のように各店舗の運営は独立させつつ、全店舗の予約状況と顧客を統合して把握したい場合は、オプション機能の「本部管理機能」を導入することで情報の集約が可能になります。
本部管理機能でまとめた店舗間であれば、お客様が同じID/PWでどの店舗からも予約できるようになります。

1アカウントで複数店舗の運用をする場合

1アカウントで多店舗の予約管理をすることも可能です。
予約システムにかかる費用は1アカウント分のみになりますが、複数の店舗分の予約を受け付けることで、月間の予約受付数が多くなる傾向があるため従量課金が発生することもあります。
顧客データベースや予約データベースは1つに集約され、どの店舗のからも他店舗の予約状況や顧客情報を閲覧・編集することができます。

また、ユーザーサイトの予約カレンダーも共通になります。店舗をカテゴリでまとめるなど、予約しやすいユーザビリティーの工夫が必要です。

複数の管理者が管理画面に同時にアクセスすることは可能です。ただし、複数の管理者が予約管理カレンダーの操作を同時に行うと、管理画面の動作が重くなる場合があります。

1アカウントで複数店舗を運用するが、店舗間の予約状況は共有させたくない場合

サブ管理者ごとに予約管理できるメインメニューを限定することで、店舗ごとに独立したような運営をすることも可能です。オプション機能の「限定サブ管理者」をご利用ください。

詳しくはChoiceRESERVEサポート お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。