仮予約で受付をする

  • 時間タイプ
  • Proプラン
  • Liteプラン
  • スクールタイプ
  • 会議室タイプ
  • イベントタイプ

ご利用中のタイプを選択してください。

時間タイプ

仮予約で受付をするための準備と運用方法です。下記の手順を参考にしてください。

STEP1 ユーザー予約サイトで仮予約の時に表示するメッセージを編集する

[ 操作 ] 基本設定>サイト情報>予約ページ設定 「仮予約完了」

ユーザー予約サイトから予約の手続きをした場合に、手続き完了時に表示されるページは、即時予約と仮予約のそれぞれで用意することができます。
ページタイトルおよび表示メッセージを編集します。

STEP2 仮予約用の自動配信メールテンプレートを編集する

[ 操作 ] 基本設定>メール情報>自動配信メール

仮予約で受付管理するためのメールテンプレートを用意します。

仮予約受付メール 仮予約を受け付けたときに配信されます
仮予約の承認メール 管理画面から仮予約を「承認」し、予約確定の処理をするときに配信することができます
仮予約の拒否メール 管理画面から仮予約を「拒否」し、キャンセル扱いするときに配信することができます

STEP3 仮予約で受け付けるメニューを作成する

[ 操作 ] 基本設定>予約メニュー作成>サブメニュー編集

サブメニュー毎に受付方法を「即時予約」または「仮予約」から選択します。

STEP4 予約データを確認をする

[ 操作 ] 予約管理>予約の確認>予約一覧、予約詳細

それぞれの予約データに「予約状態」が表示されます。仮予約の場合も、予約提供数以上に予約を受け付けることはありません。

予約確定 サブメニューの受付方法が「即時予約」の場合は、この状態で予約データに登録されます

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「確定」と表示されます

仮予約 サブメニューの受付方法が「仮予約」の場合は、この状態で予約データに登録されます

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「承認待ち」と表示されます

承認 管理画面から仮予約を「承認」し予約確定した場合はこの状態になります

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「確定」と表示されます

拒否 管理画面から仮予約を「拒否」しキャンセル扱いした場合はこの状態になり、予約履歴になります

キャンセルデータと同様になるため、ユーザー画面のマイページなどの予約情報にこの予約データは表示されません

管理画面から予約登録する場合は、受付方法を「即時予約」か「仮予約」から選択することができます。

STEP5 仮予約の承認 / 拒否をする

[ 操作 ] 予約管理>予約の確認>予約一覧、予約詳細、予約管理カレンダー

予約一覧から仮予約データをチェックボックスで選択し、承認 または 拒否 の処理を行います。手続きと同時に、自動配信メールの送信を行うことができます。

仮予約のデータには直前お知らせメールは配信されません。また、完了手続きをすることもできません。

 

会議室タイプ

仮予約で受付をするための準備と運用方法です。下記の手順を参考にしてください。

STEP1 ユーザー予約サイトで仮予約の時に表示するメッセージを編集する

[ 操作 ] 基本設定>サイト情報>予約ページ設定 「仮予約完了」

ユーザー予約サイトから予約の手続きをした場合に、手続き完了時に表示されるページは、即時予約と仮予約のそれぞれで用意することができます。
ページタイトルおよび表示メッセージを編集します。

STEP2 仮予約用の自動配信メールテンプレートを編集する

[ 操作 ] 基本設定>メール情報>自動配信メール

仮予約で受付管理するためのメールテンプレートを用意します。

仮予約受付メール 仮予約を受け付けたときに配信されます
仮予約の承認メール 管理画面から仮予約を「承認」し、予約確定の処理をするときに配信することができます
仮予約の拒否メール 管理画面から仮予約を「拒否」し、キャンセル扱いするときに配信することができます

STEP3 仮予約で受け付けるメニューを作成する

[ 操作 ] 基本設定>予約メニュー作成>サブメニュー編集

サブメニュー毎に受付方法を「即時予約」または「仮予約」から選択します。

STEP4 予約データを確認をする

[ 操作 ] 予約管理>予約の確認>予約一覧、予約詳細

それぞれの予約データに「予約状態」が表示されます。仮予約の場合も、予約提供数以上に予約を受け付けることはありません。

予約確定 サブメニューの受付方法が「即時予約」の場合は、この状態で予約データに登録されます

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「確定」と表示されます

仮予約 サブメニューの受付方法が「仮予約」の場合は、この状態で予約データに登録されます

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「承認待ち」と表示されます

承認 管理画面から仮予約を「承認」し予約確定した場合はこの状態になります

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「確定」と表示されます

拒否 管理画面から仮予約を「拒否」しキャンセル扱いした場合はこの状態になり、予約履歴になります

キャンセルデータと同様になるため、ユーザー画面のマイページなどの予約情報にこの予約データは表示されません

管理画面から予約登録する場合は、受付方法を「即時予約」か「仮予約」から選択することができます。

STEP5 仮予約の承認 / 拒否をする

[ 操作 ] 予約管理>予約の確認>予約一覧、予約詳細、予約管理カレンダー

予約一覧から仮予約データをチェックボックスで選択し、承認 または 拒否 の処理を行います。手続きと同時に、自動配信メールの送信を行うことができます。

仮予約のデータには直前お知らせメールは配信されません。また、完了手続きをすることもできません。

 

スクールタイプ

仮予約で受付をするための準備と運用方法です。下記の手順を参考にしてください。

STEP1 ユーザー予約サイトで仮予約の時に表示するメッセージを編集する

[ 操作 ] 基本設定>サイト情報>予約ページ設定 「仮予約完了」

ユーザー予約サイトから予約の手続きをした場合に、手続き完了時に表示されるページは、即時予約と仮予約のそれぞれで用意することができます。
ページタイトルおよび表示メッセージを編集します。

STEP2 仮予約用の自動配信メールテンプレートを編集する

[ 操作 ] 基本設定>メール情報>自動配信メール

仮予約で受付管理するためのメールテンプレートを用意します。

仮予約受付メール 仮予約を受け付けたときに配信されます
仮予約の承認メール 管理画面から仮予約を「承認」し、予約確定の処理をするときに配信することができます
仮予約の拒否メール 管理画面から仮予約を「拒否」し、キャンセル扱いするときに配信することができます

STEP3 仮予約で受け付けるメニューを作成する

[ 操作 ] 基本設定>予約メニュー作成>メインメニュー編集

メインメニュー毎に受付方法を「即時予約」または「仮予約」から選択します。

STEP4 予約データを確認をする

[ 操作 ] 予約管理>予約の確認>予約一覧、予約詳細

それぞれの予約データに「予約状態」が表示されます。仮予約の場合も、予約提供数以上に予約を受け付けることはありません。

予約確定 サブメニューの受付方法が「即時予約」の場合は、この状態で予約データに登録されます

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「確定」と表示されます

仮予約 サブメニューの受付方法が「仮予約」の場合は、この状態で予約データに登録されます

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「承認待ち」と表示されます

承認 管理画面から仮予約を「承認」し予約確定した場合はこの状態になります

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「確定」と表示されます

拒否 管理画面から仮予約を「拒否」しキャンセル扱いした場合はこの状態になり、予約履歴になります

キャンセルデータと同様になるため、ユーザー画面のマイページなどの予約情報にこの予約データは表示されません

管理画面から予約登録する場合は、受付方法を「即時予約」か「仮予約」から選択することができます。

 

[ 操作 ] 予約管理>スケジュールの確認>スケジュール

時間割のコマごとに予約数とその内訳が確認できます。メインメニューの受付方法が「仮予約」の場合は、予約数に()が表示されます。

予約数(仮) メインメニューが即時予約の場合:予約数
メインメニューが仮予約の場合:全予約数(そのうち仮予約の数)

STEP5 仮予約の承認 / 拒否をする

[ 操作 ] 予約管理>予約の確認>予約一覧、予約詳細

予約一覧から仮予約データをチェックボックスで選択し、承認 または 拒否 の処理を行います。手続きと同時に、自動配信メールの送信を行うことができます。

仮予約のデータには直前お知らせメールは配信されません。また、完了手続きをすることもできません。

 

イベントタイプ

仮予約で受付をするための準備と運用方法です。下記の手順を参考にしてください。

STEP1 ユーザー予約サイトで仮予約の時に表示するメッセージを編集する

[ 操作 ] 基本設定>サイト情報>予約ページ設定 「仮予約完了」

ユーザー予約サイトから予約の手続きをした場合に、手続き完了時に表示されるページは、即時予約と仮予約のそれぞれで用意することができます。
ページタイトルおよび表示メッセージを編集します。

STEP2 仮予約用の自動配信メールテンプレートを編集する

[ 操作 ] 基本設定>メール情報>自動配信メール

仮予約で受付管理するためのメールテンプレートを用意します。

仮予約受付メール 仮予約を受け付けたときに配信されます
仮予約の承認メール 管理画面から仮予約を「承認」し、予約確定の処理をするときに配信することができます
仮予約の拒否メール 管理画面から仮予約を「拒否」し、キャンセル扱いするときに配信することができます

STEP3 仮予約で受け付けるメニューを作成する

[ 操作 ] 基本設定>予約メニュー作成>メインメニュー編集

メインメニュー毎に受付方法を「即時予約」または「仮予約」から選択します。

STEP4 予約データを確認をする

[ 操作 ] 予約管理>予約の確認>予約一覧、予約詳細

それぞれの予約データに「予約状態」が表示されます。仮予約の場合も、予約提供数以上に予約を受け付けることはありません。

予約確定 サブメニューの受付方法が「即時予約」の場合は、この状態で予約データに登録されます

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「確定」と表示されます

仮予約 サブメニューの受付方法が「仮予約」の場合は、この状態で予約データに登録されます

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「承認待ち」と表示されます

承認 管理画面から仮予約を「承認」し予約確定した場合はこの状態になります

ユーザー画面のマイページなどの予約情報には、予約状態は「確定」と表示されます

拒否 管理画面から仮予約を「拒否」しキャンセル扱いした場合はこの状態になり、予約履歴になります

キャンセルデータと同様になるため、ユーザー画面のマイページなどの予約情報にこの予約データは表示されません

管理画面から予約登録する場合は、受付方法を「即時予約」か「仮予約」から選択することができます。

 

[ 操作 ] 予約管理>受付状況の確認>受付状況一覧

メインメニューごとに予約数とその内訳が確認できます。受付方法が「仮予約」の場合は、予約数に()が表示されます。

予約数(仮) メインメニューが即時予約の場合:予約数
メインメニューが仮予約の場合:全予約数(そのうち仮予約の数)

STEP5 仮予約の承認 / 拒否をする

[ 操作 ] 予約管理>予約の確認>予約一覧、予約詳細

予約一覧から仮予約データをチェックボックスで選択し、承認 または 拒否 の処理を行います。手続きと同時に、自動配信メールの送信を行うことができます。

仮予約のデータには直前お知らせメールは配信されません。また、完了手続きをすることもできません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。